WEBサイト制作事業

WEBサイトの投資対効果

WEBサイト制作 Webサイトが簡単に制作できるようになったことで、Web上にはプロが制作したものから個人が制作したものが混在しています。

Webサイトの目的や予算によって、どのようなWebサイトを制作しどのように運用するかは変わってきます。
そして、企業によってWebサイトに掛けられるコストも違います。

では、Webサイト制作・運用コストと効果のバランスは取れているでしょうか。
仮にコストを抑えるために自社でWebサイトを制作しても狙った成果がでなければ意味がありません。
かと言って、Web制作会社やWebシステム会社に制作を依頼するとコストがかかりすぎてしまう。

一つの解決策は、成果に対する投資対効果を決めて制作会社を探すことです。
例えば、「顧客からの問い合わせを獲得すること」をWebサイトに求める成果だとした場合、

 ・一定期間で獲得する件数
 ・問い合わせ1件にかかる費用の上限

が一つの基準になります。

1ヶ月で30件、1件に対する費用2,000円を目標とした場合、
1ヶ月 60,000円、1年 720,000円以内で目標を達成できなければ、求める成果に到達していないことになります。

年間コスト720,000円で1ヶ月×30件×12か月=360件の問い合わせを実現できるWebサイト

この目標を達成できるWeb制作&運用会社を探すことが目標達成への一つの道でしょう。