WEBサイト制作事業

WEBサイトの価値

WEBサイト制作 インターネット(Web)の情報が世界を動かす時代。
国や地域、老若男女を問わず、人々がインターネットで繋がる時代。
様々なモノがインターネットに繋がっている時代。
現代社会でWebが果たしている役割は計り知れないものになっています。
そんな中、企業や事業者は自社のWebサイトを持ち、広告宣伝や販売、顧客とのコミュニケーションなど、様々なことに活用しています。

では、そのWebサイトは狙い通りの成果につながっているでしょうか?
恐らく成果が出ていると答えられるご担当者は少ないのではないでしょうか。
その理由を整理すると、次の3点のいずれかに集約されます

 1)もともとWebサイトの成果目標を設定していない(Webサイトに期待をしていない)
 2)成果が出るWebサイト制作および運用が出来ていない
 3)投資と求める成果がマッチしていない
WEBサイト制作 「今の時代、企業のホームページくらい持たないと格好つかないだろう。」
多くの企業が自社Webサイトを持つ時代ですが、“企業の体裁を整えるため”という目的でWebサイトを立ち上げている企業は少なくないでしょう。
Webサイトの成果目標が設定されていない企業は、Webサイトを立ち上げることが目的になっており、Webサイトが持つ可能性や価値にお気づきではないように思います。
Webサイトは何のために存在するのか?Webサイトの価値は何か? それは、
 1)ブランディングするため

Webサイト上で、企業・団体が持つ特徴を伝え、市場でのポジショニングを確立にすることです。
例えば、富裕層をターゲットにした宝飾品店というポジションニングを取った場合、お店の立地や店構えによって高級店であることを演出しています。
同様にWebサイトも高級店というポジショニングにあったデザインや内容にする必要があります。
ポジショニングにマッチしたWebサイトを作ることでターゲット層をしっかり取り込むことにつながります。

 2)商品やサービスを購入してもらうため

Webサイトの一つの特徴はWebショッピング等のシステムを組み込むことで、Web上でお客様が商品やサービスを購入できることです。
Web上で商品やサービスを販売することで地域の壁がなくなり、対象顧客が数十倍に広がります。
顧客層が厚くなることで売上拡大につながります。
自社の商品やサービスの情報をしっかりと伝え、お客様に興味を持ってもらい、欲しいと思わせる。
Webを販売や営業ツールとして活用できることはWebサイトの魅力です。

 3)情報を収集するため

お客様がWebサイトを見て、企業や団体、商品やサービスに興味を持つと次のアクションを起こします。
それがお問い合わせや個人情報の登録などです。
例えば、お問い合わせの場合、顧客情報を入力し、疑問点や課題などを入力します。
採用ページでは応募情報を入力します。
商品やサービスのページでは、商品の感想や評価を入力します。
これらの情報は企業にとって重要な顧客情報、営業情報で、顧客獲得や次のビジネス展開につながります。

これらを実現することがWebサイトの存在価値だと当社は考えています。