採用ホームページ制作で採用効果を上げる

  自社ホームページからの
   応募者の
採用で成果を出すために必要なことは求職者が求める情報を提供すること。
会社の特徴、働き方、仕事内容、将来性を伝えれば採用効率はアップします。

採用ホームページの充実が採用効率を激変させる!

伝える内容を変えると
応募数はアップする

大手転職サイトに求人掲載しても1ヶ月の応募数がたった5名だった会社が、自社のリクルートページを充実させただけで1ヶ月の応募数が2倍の10名になりました。

掲載内容を変えるだけで
マッチング率はアップする

未経験者募集の求人で内定率が5%だった会社がホームページ改定で内定率30%超になりました。

ホームページで動機形成すれば
来社率はアップする

新卒会社説明会の来社率30%だった会社がリクルーティングページを改定しただけで、来社率70%になりました。

なぜ採用効率が上がったのか?

採用効率が上がった理由、それは
自社の特徴をきちんと伝えたから。
たったこれだけで採用効率が上がります。
特に知名度の低い企業の効果は大きいでしょう。
その理由を採用における課題に合わせて説明します。
採用における課題は大きく次の3つです。

  • 1)母集団を形成する
  • 2)応募者を確保する
  • 3)内定者を確保する

全ての課題をクリアして初めて内定者を確保することができます。
では、それぞれのステージで必要なことは何でしょう。

注目を集め、興味を持たせる(母集団形成)

採用の最初の課題は自社に注目を集め、興味を持たせることです。
そのための手法として一般的に利用されているのが、就職ナビや転職ナビ、就職フェアなどです。
確かに多くの人材に自社を知ってもらう機会は増えますが、それだけで母集団形成ができるわけではありません。
大手のナビを活用しているのに母集団が集まらない原因は、自社の特徴を求職者に伝えられていないからです。
伝えるべきことを伝えれば、自社に興味を持つ人材が自然と集まります。

働きたいと思わせる(応募者の確保)

応募を確保するには、求職者の「この会社で働きたい。」という欲求を掻き立てる必要があります。
その欲求を掻き立てる自社の特徴を伝えられているでしょうか。
給与、福利厚生、仕事のやりがい、将来性、人間関係、社風、勤務体系など、必ず特徴があります。
その特徴を伝え、求職者に自社で働いているイメージを持たせることが応募につながります。

確信させる(内定者の確保)

採用ホームページで会社の特徴に魅力を感じてエントリーしてきた応募者が説明会や選考中に行うことはホームページで感じた会社の魅力が本当かどうかの確認です。
ホームページから感じた会社の魅力を肌で感じることができれば、求職者の「この会社で働きたい!」という気持ちはさらに大きく、確実なものになります。
会社の魅力が本当であることを体験させることが内定者確保につながります。

これらすべての課題で共通していることは、「自社の特徴をきちんと伝えること」です。

貴社の特徴をしっかりと伝えるホームページを制作

人材採用で成功するために必要なことは自社の特徴・魅力を伝えること。
そのためのステップは次の3つです。
しっかりと取材し、社内からは見えない特徴や魅力を求職者目線で見える化します。
伝え方によって伝わり方は違います。
貴社の魅力がターゲット人材にしっかり伝わるホームページを作成します。
特徴が伝わるホームページが出来てもターゲット人材に見てもらえなければ意味がありません。
ターゲット人材に閲覧してもらう手法をご提案します。

運用もしっかりサポートいたします。

ホームページは作って終わりではありません。
採用するためには効果を見ながら修正・更新が必要になります。
弊社にて運用もサポートいたします。

お客様のサーバのご契約内容や運用体制に合わせたサポートをご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

当社のサービス内容

自社の採用ホームページで応募者を獲得するために次のサービスをセットとして提供しています。

制作・運用の流れ

制作・運用の流れは次の通りです。

下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご訪問してWebサイト制作・運用のご説明をいたします。
具体的な制作内容のご提案
お客様ご検討・ご発注
▲ここまで無料!
取材・写真撮影
サイトデザインのご提案
コンテンツ内容の確認
採用ホームページアップ
サイト分析&修正

Webサイトを構築することでお客様の成長をサポートします。

私は前職で15年間採用を担当し、企業における人材の重要性を強く感じました。
事業に必要な人材を確保出来るか否かは企業の成長に大きく影響します。
中小企業が優秀な人材を採用するのは簡単なことではありません。
私も試行錯誤しながら何度も失敗し、たどり着いた結論が
「採用におけるブランディングの構築」でした。

でファンを作る。
これが採用効率を上げる近道だと感じています。
これまでの採用経験とWebマーケティング力で貴社の採用を全力でサポートします。

この機会に貴社の採用に変革を起こしましょう。
まずは、下記からご相談ください。